イメージ画像

酵素シロップ

生野菜や果物に含まれている酵素は

ダイエットに大人気の栄養素ですね。

最近は自分で酵素シロップを作ってみる人も増えてきているようです。

酵素たっぷりの野菜や果物と、砂糖を手で混ぜて漬けたものが

「酵素シロップ」

ダイエットだけでなく、美容や健康に定評がある

注目の食べ物です。

酵素シロップには、生野菜や果物の酵素が凝縮されています。

保存性が高いことから、まとめてつくっておけば手軽に使用することができるのが特徴。

発酵がすすむにつれて、乳酸菌の効果も高まるといわれています。

乳酸菌は、腸を整え 肌を活性化するはたらきをもっています。

生の果物や生野菜とはまたちがった効果を期待できるそうです。

毎日 様子をみながら手でかきまぜるのも特徴。

さまざまなシロップを作ることができ、アレンジも可能になってきます。

酵素シロップとは、生野菜や果物を砂糖で漬け

ときどき手で混ぜながら常温で発酵させた液体のことをいいます。

酵素だけでなく、乳酸菌もたっぷり取れるのが特徴です。

酵素シロップは飲み続けると

代謝や消化が促進されるといわれています。

その結果、疲労回復 便秘解消 肌細胞の活性化などの効果を

実感できると好評のようです。

酵素シロップを大さじ1~2杯、水や炭酸水で4~5倍に割って飲むと

おいしくいただけます。

そんな酵素シロップをつくる際に気を付けるポイントがあります。

果物は皮ごと使用します。そのため、減農薬でノーワックス、国産の 無農薬のものを

使うようにします。

ねぎや、にんにくなどのにおいの強いものは避けるようにします。

旬の野菜や果物を使用するのがベスト。

春から夏には、しそ ゴーヤ すいか とまと すもも

秋から冬には、りんご 大根 にんじん みかん

などがおすすめになってきます。

また、作る際は気温にも注意が必要です。

20~25度くらいが適温といわれており、それ以下の温度の場合は

発酵にすこし時間がかかってしまいます。

気温が低い場合は

20日くらいゆっくりかけて発酵するといわれています。

できあがった酵素シロップは、常温で保存。

高温多湿、直射日光を避けます。

1~2カ月はおいしくいただけますが

それ以上保存する場合は冷蔵庫に入れるように。

遮光できるビンなどに移し替えることが必要になってきます。

手作りの酵素シロップは、いろいろアレンジが効くことでも

人気がでているようです。

 

タグ

このページの先頭へ