イメージ画像

内臓脂肪をへらすには

わたしたちのからだには、2種類の脂肪があります。

内臓脂肪と皮下脂肪です。

内臓脂肪は 内臓のすきまにたまる脂肪のことをいい

皮下脂肪は見た目に左右される脂肪のことをいいます。

皮下脂肪は 筋肉トレーニング 運動などで落ちやすく、逆に脂肪がつきやすいものです。

内臓脂肪は、見た目では蓄積されているのがわかりにくく

気づかないうちに増やしてしまうことが多いようです。

おなかに肉がついているけれど、つかみにくい場合や

下腹部のお腹が気になる、腰回りおなかまわりが気になる

などのタイプは内臓脂肪が蓄積されているパターンかもしれません。

内臓脂肪をへらすには、腹筋をはじめとする運動では

残念ながら効果がでないそうです。

内臓脂肪をへらすには、酵素をたくさんとることが基本になってきます。

酵素をたくさんとるように食生活を変えることで

代謝がアップし、頑固なお腹周りの脂肪が燃えやすくなります。

そして、ペタンコのお腹へと近づいていけるのです。

内臓脂肪をへらすには、やっぱり代謝がポイントになってきます。

代謝をよくするには、酵素がキーポイントです。

酵素ダイエットは そのようなことから、内臓脂肪をへらす方法としては

ぴったりといえるのではないでしょうか

見た目だけ変わるようなダイエットでは、後々リバウンドしてしまう恐れも

十分考えられます。

内臓脂肪を減らし、身体の内側から変えることのできる酵素ダイエットは

広い世代の女性、男性におすすめできるダイエットです。

タグ

このページの先頭へ