イメージ画像

グリーンスムージーつくりかた

酵素ドリンクをつかって、内臓活動をおやすみし代謝活動を

活発にさせるのが酵素ダイエット。

さまざまな酵素ドリンクがあり、飲みやすさや 手頃な価格

酵素ドリンクの内容物などで選んでいる人が多いと思います。

酵素ダイエットをしている人のなかには

自分で、毎朝グリーンスムージーをつくって飲んでいる人も

なかにはいらっしゃいます。

グリーンスムージーは、生の野菜と果物をミキサーにかけてつくる飲み物で

たくさんの量の酵素を取れることで有名な飲み物です。

ダイエットだけでなく、健康志向 美容意識の高い人たちからも

支持されていますし、多くのガイド本やレシピ本も出版されていますね。

生野菜や果物に酵素は多く含まれていますが

たくさんの量をいちどに食べることは容易なことではありません。

それを可能にしているのが、グリーンスムージー。

酵素ドリンクは飲んでいるけれど、ほかの方法も始めてみたい人や

併用して行いたい人におすすめなのが

グリーンスムージーです。

家庭にミキサーがあれば、簡単につくることができますし

旬な野菜や果物を使用することができる

好きなフレーバーをつくることができるなどのメリットがあります。

最近は、グリーンスムージーのジューススタンドを見かけることも

増えてきたので、そのようなお店でいろいろな味を

試してみることも可能ですね。

使用する野菜や果物によって 効能もちがってくるようなので

自分の体調に合わせて選んでみてもいいのかもしれません。

そんなグリーンスムージーのつくりかたは

とても簡単です。

材料になる野菜や果物を選びます。

野菜は、葉野菜を選びます。根菜やにおいのきつい野菜は

グリーンスムージーには不向きになります。

飲みやすくするために、ミキサーにかける時は

水分を入れることが可能です。

が、基本は葉野菜と果物のみがグリーンスムージー。

入れるとしても お水のみいれるようにし、豆乳やヨーグルトなどは避けます。

また、飲みづらいと感じたときは お水を足すよりも果物の量を増やすようにしたほうが効果的。

皮を剥かなくても食べられる果物は、皮ごと使用するようにします。

りんご 柿 洋ナシ 桃 いちじくなど・・・。

そして、飲むときは食べるように飲むことがポイントです。

グリーンスムージーは食べる飲み物ともいわれています。

ゆっくり飲むことをこころがけ、単品で飲むようにしましょう。

 

タグ

酵素ダイエットデトックス効果

酵素ダイエットにはさまざまな方法があります。

基本は、食事に酵素を多く取り入れること

1食もしくは2食を、酵素ドリンクや酵素のサプリメント

酵素シロップなどに置き換える

というような方法になってきます。

食事を酵素のみに置き換える方法では、断食をすることにもなりますが

およそ3日間の断食では、脂肪燃焼が期待されるといわれています。

からだが軽くなり、心身ともにクリアになるのを実感することができるのです。

いちど、爽快な気分を感じることができると

酵素ダイエットを続けていくことが 楽しみへと変化していく人も

すくなくありません。

このような症状は、体内がデトックスされることに関係しているといわれています。

現代人は、活動量以上に食事を多く食べている人が多く

そのぶん 酵素をむだに使用していることにつながっています。

酵素が不足することで、免疫力が低下し

若いころから、重大な病気へ罹る人も増えてきているようです。

食事量をすこしばかり減らしてみることで

消化活動を休めることができ、代謝酵素のはたらきへ費やすことができます。

痩せにくい体質になった

肌荒れが治らない

なんとなくからだがだるく、体調がすぐれない

というような症状を実感している場合は、酵素が不足していることから

デトックスが必要になってきます。

たいていこのような症状の場合は、偏った食事を取っていたり

不規則な生活をしている人が多いのも特徴です。

食事に含まれる添加物などから、老廃物を体内にため込んでしまっているようです。

ですから

老廃物をながす作業が大切であり、それがデトックスになります。

断食により、消化活動がおやすみし

そのあいだに代謝酵素をはたらかせることにより、細胞が新たに生まれ変わり

老廃物や毒素を排出することができるのです。

酵素ダイエットの場合、水で断食をするわけでなく

栄養価の高い飲み物である「酵素ドリンク」を使用することから

体内で代謝の効率をアップする酵素をつくりだす栄養素を

十分とることができます。

酵素を体内でつくりだすには、酵母や乳酸菌が必要になってくるといわれています。

18時間程度内臓を休ませることで、十分デトックス効果が得られます。

酵素ダイエットは、体重を落とすことだけが目的ではなく

からだのなかの老廃物を流し出す効果もあるということなのですね。

タグ

酵素シロップ

生野菜や果物に含まれている酵素は

ダイエットに大人気の栄養素ですね。

最近は自分で酵素シロップを作ってみる人も増えてきているようです。

酵素たっぷりの野菜や果物と、砂糖を手で混ぜて漬けたものが

「酵素シロップ」

ダイエットだけでなく、美容や健康に定評がある

注目の食べ物です。

酵素シロップには、生野菜や果物の酵素が凝縮されています。

保存性が高いことから、まとめてつくっておけば手軽に使用することができるのが特徴。

発酵がすすむにつれて、乳酸菌の効果も高まるといわれています。

乳酸菌は、腸を整え 肌を活性化するはたらきをもっています。

生の果物や生野菜とはまたちがった効果を期待できるそうです。

毎日 様子をみながら手でかきまぜるのも特徴。

さまざまなシロップを作ることができ、アレンジも可能になってきます。

酵素シロップとは、生野菜や果物を砂糖で漬け

ときどき手で混ぜながら常温で発酵させた液体のことをいいます。

酵素だけでなく、乳酸菌もたっぷり取れるのが特徴です。

酵素シロップは飲み続けると

代謝や消化が促進されるといわれています。

その結果、疲労回復 便秘解消 肌細胞の活性化などの効果を

実感できると好評のようです。

酵素シロップを大さじ1~2杯、水や炭酸水で4~5倍に割って飲むと

おいしくいただけます。

そんな酵素シロップをつくる際に気を付けるポイントがあります。

果物は皮ごと使用します。そのため、減農薬でノーワックス、国産の 無農薬のものを

使うようにします。

ねぎや、にんにくなどのにおいの強いものは避けるようにします。

旬の野菜や果物を使用するのがベスト。

春から夏には、しそ ゴーヤ すいか とまと すもも

秋から冬には、りんご 大根 にんじん みかん

などがおすすめになってきます。

また、作る際は気温にも注意が必要です。

20~25度くらいが適温といわれており、それ以下の温度の場合は

発酵にすこし時間がかかってしまいます。

気温が低い場合は

20日くらいゆっくりかけて発酵するといわれています。

できあがった酵素シロップは、常温で保存。

高温多湿、直射日光を避けます。

1~2カ月はおいしくいただけますが

それ以上保存する場合は冷蔵庫に入れるように。

遮光できるビンなどに移し替えることが必要になってきます。

手作りの酵素シロップは、いろいろアレンジが効くことでも

人気がでているようです。

 

タグ

酵素作り置きはできる?

酵素の作り置きはできるのかな?

というような疑問をもった人は少なくないようです。

性別 世代を選ばずに話題続投中の酵素ダイエット。

簡単で手軽な酵素ドリンクを愛用しながらも

酵素を取ることを意識した食事メニューを

実践していると思います。

市販の酵素ドリンクを愛用していても

日ごろから、食事内容には気を付けることが必要になってきます。

毎日のメニューを考えることは、簡単なことではありません。

酵素が多く含まれている食べ物を使って作ったメニューを

保存しておくことができれば

忙しい日々も ストレスなく酵素ダイエットを続けていけるのではないでしょうか。

できれば

酵素の食べ物は 調理したらすぐに食べることが理想的です。

生野菜や果物を使用したグリーンスムージーなどの飲み物は

特に保存はおすすめできず

作ったその日のうちに飲みきることがポイントになってきます。

果物や野菜に含まれる栄養素は、酸素と結合すると

他の物質に変化します。

そのため、グリーンスムージーなどのジュースは

作った直後がいちばん栄養価が高く

時間がたつにつれ失われていきます。

真空容器でなければ酸化は防げないため、できた瞬間から空気にふれてしまいます。

グリーンスムージーなどは、飲む分だけ作るようにすることがポイントになってきます。

とはいえ

毎回洗い物をするのが億劫になることも少なくありません。

がんばりすぎずに食事メニューに取り入れることが大切なのかもしれませんね。

最近では、つくりたての生ジュースを飲むことができるジューススタンドも

増えてきました。

そのような場所を利用するのも

酵素ダイエットを続けていく秘訣なのかもしれません。

酵素が含まれる食品は 世の中に多く出回っています。

工夫して取り入れられるようになるといいですね。

また、酵素ドリンクをはじめとする酵素サプリを

上手に利用することもおすすめです。

また、酵素は 冷凍しても壊れないことがわかっています。

この場合は、しっかり「自然解凍」することが大切です。

凍ったままでは活性化しにくいことが理由です。

時間がたつと水分が出てくる食材以外は

作り置きも可能のようですが、なるべくなら酸化防止のためにも

すぐに食べることがおすすめになってきます。

酵素の効果を半減しないためにも、なるべく作り置きはしないことを

おすすめします。

 

 

 

 

タグ

このページの先頭へ