イメージ画像

酵素ダイエット短期

短期で痩せたい!体重を落としたい!

そんな人にも酵素ダイエットはおすすめです。

長期的に実践する方法をもちろんおすすめしますが、

酵素ダイエットは短期でも十分効果を得られると評判です。

その方法は、短期間の断食のようなものです。

ふつう 酵素ダイエットといえば朝食を酵素ドリンクや、酵素の食べ物などに

置き換えて、昼食と夕食を野菜や酵素中心のメニューにする

というよな方法で行う人が多いと思います。

短期間で効果を出したい場合は、朝食と夕食に酵素ドリンクなどの

酵素食品に置き換え、昼食は食べたい物を食べるようにする

この方法がいいようです。

昼食は12時を過ぎてから食べるようにすること、どうしてもおなかがすいてしまった場合は

12時~20時までの間であれば果物などを取るようにすること。

夜20時以降は食べないようにすること。

起床してから20時くらいまでに水分を1リットルくらい飲むようにすること。

これらのことを実施することで、ずいぶんと変わってくるようです。

ただこの方法は2~3日でやめることにし、その後は朝食のみの置き換えに変更するなど

していかなければリバウンドにつながる恐れもあります。

そもそも短期間で効果を出したい場合は、なんらかの目的があるもの。

その目的が終われば、通常の酵素ダイエットの方法に切り替えてみては

いかがでしょうか?からだも変化している状況なので続けやすいこともメリットのようです。

あくまで無理せず楽しみながら、そして断食後はいきなり普通の食事を食べないように

気を付けることもポイントのようです。

タグ

酵素ダイエット 糖分のとりすぎ

酵素ダイエットの食事で気を付けることといえば

毎食できるかぎりたっぷりの酵素を取ることと言うのは有名な話しですが

これ以外にも気を付けるべきことがあります。

ダイエット中なのでもちろん食べすぎはいけませんが

実は糖分のとりすぎにも気を付ける必要があるそうです。

最近は医療の世界をはじめ、美容の世界でも糖分の摂取量を気を付けるように

ということが大切になワードになってきています。

体内で糖と蛋白質が結びつく状態を「糖化」といいますが

糖化は肌を老けさせ、骨をもろくさせ、血管をもろくさせる原因になるといわれています。

酵素ダイエットをせっかくしていても、

糖分を取り過ぎてしまってはなんの意味もありません。

糖化がすすむと、髪の毛や爪がもろくなったり、肌が劣化したり、

動脈硬化や糖尿病などといった病気にもかかりやすくなると言われています。

過剰な糖分は、体内でたんぱく質を劣化させ、老化物質として蓄積させるということが

わかってきているそうです。

ですから、酵素ダイエットでいくらたくさん酵素を取っていても

糖分が多いことで効果が半減するということにつながるのです。

酵素ダイエット中の食事は、酵素だけでなく糖分の取りすぎにも十分注意が必要なのですね。

 

タグ

このページの先頭へ