イメージ画像

酵素ダイエットに関するヘッドライン

酵素作り置きはできる?

酵素の作り置きはできるのかな?

というような疑問をもった人は少なくないようです。

性別 世代を選ばずに話題続投中の酵素ダイエット。

簡単で手軽な酵素ドリンクを愛用しながらも

酵素を取ることを意識した食事メニューを

実践していると思います。

市販の酵素ドリンクを愛用していても

日ごろから、食事内容には気を付けることが必要になってきます。

毎日のメニューを考えることは、簡単なことではありません。

酵素が多く含まれている食べ物を使って作ったメニューを

保存しておくことができれば

忙しい日々も ストレスなく酵素ダイエットを続けていけるのではないでしょうか。

できれば

酵素の食べ物は 調理したらすぐに食べることが理想的です。

生野菜や果物を使用したグリーンスムージーなどの飲み物は

特に保存はおすすめできず

作ったその日のうちに飲みきることがポイントになってきます。

果物や野菜に含まれる栄養素は、酸素と結合すると

他の物質に変化します。

そのため、グリーンスムージーなどのジュースは

作った直後がいちばん栄養価が高く

時間がたつにつれ失われていきます。

真空容器でなければ酸化は防げないため、できた瞬間から空気にふれてしまいます。

グリーンスムージーなどは、飲む分だけ作るようにすることがポイントになってきます。

とはいえ

毎回洗い物をするのが億劫になることも少なくありません。

がんばりすぎずに食事メニューに取り入れることが大切なのかもしれませんね。

最近では、つくりたての生ジュースを飲むことができるジューススタンドも

増えてきました。

そのような場所を利用するのも

酵素ダイエットを続けていく秘訣なのかもしれません。

酵素が含まれる食品は 世の中に多く出回っています。

工夫して取り入れられるようになるといいですね。

また、酵素ドリンクをはじめとする酵素サプリを

上手に利用することもおすすめです。

また、酵素は 冷凍しても壊れないことがわかっています。

この場合は、しっかり「自然解凍」することが大切です。

凍ったままでは活性化しにくいことが理由です。

時間がたつと水分が出てくる食材以外は

作り置きも可能のようですが、なるべくなら酸化防止のためにも

すぐに食べることがおすすめになってきます。

酵素の効果を半減しないためにも、なるべく作り置きはしないことを

おすすめします。

 

 

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ