イメージ画像

酵素ダイエットに関するヘッドライン

グリーンスムージーつくりかた

酵素ドリンクをつかって、内臓活動をおやすみし代謝活動を

活発にさせるのが酵素ダイエット。

さまざまな酵素ドリンクがあり、飲みやすさや 手頃な価格

酵素ドリンクの内容物などで選んでいる人が多いと思います。

酵素ダイエットをしている人のなかには

自分で、毎朝グリーンスムージーをつくって飲んでいる人も

なかにはいらっしゃいます。

グリーンスムージーは、生の野菜と果物をミキサーにかけてつくる飲み物で

たくさんの量の酵素を取れることで有名な飲み物です。

ダイエットだけでなく、健康志向 美容意識の高い人たちからも

支持されていますし、多くのガイド本やレシピ本も出版されていますね。

生野菜や果物に酵素は多く含まれていますが

たくさんの量をいちどに食べることは容易なことではありません。

それを可能にしているのが、グリーンスムージー。

酵素ドリンクは飲んでいるけれど、ほかの方法も始めてみたい人や

併用して行いたい人におすすめなのが

グリーンスムージーです。

家庭にミキサーがあれば、簡単につくることができますし

旬な野菜や果物を使用することができる

好きなフレーバーをつくることができるなどのメリットがあります。

最近は、グリーンスムージーのジューススタンドを見かけることも

増えてきたので、そのようなお店でいろいろな味を

試してみることも可能ですね。

使用する野菜や果物によって 効能もちがってくるようなので

自分の体調に合わせて選んでみてもいいのかもしれません。

そんなグリーンスムージーのつくりかたは

とても簡単です。

材料になる野菜や果物を選びます。

野菜は、葉野菜を選びます。根菜やにおいのきつい野菜は

グリーンスムージーには不向きになります。

飲みやすくするために、ミキサーにかける時は

水分を入れることが可能です。

が、基本は葉野菜と果物のみがグリーンスムージー。

入れるとしても お水のみいれるようにし、豆乳やヨーグルトなどは避けます。

また、飲みづらいと感じたときは お水を足すよりも果物の量を増やすようにしたほうが効果的。

皮を剥かなくても食べられる果物は、皮ごと使用するようにします。

りんご 柿 洋ナシ 桃 いちじくなど・・・。

そして、飲むときは食べるように飲むことがポイントです。

グリーンスムージーは食べる飲み物ともいわれています。

ゆっくり飲むことをこころがけ、単品で飲むようにしましょう。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ